ものと人間の文化史 渡部忠世 深沢小百合 法政大学出版局モチ ワタベ,タダヨ フカザワ,サユリ 発行年月:1998年12月 ページ数:319p サイズ:全集・双書 ISBN:9784588208911 序章 糯と餅ー農学とフォークロアの接点/1 モチ性とモチ澱粉/2 モチ性の穀類/3 日本のモチイネー渡来から現代まで/4 アジア各地のモチイネ栽培/5 モチイネ栽培圏の分布と成立/6 中国西南部におけるモチ米食品の伝承と現状/7 韓国のモチ米食品、日本との同質と異質/8 東南アジア、モチ米主食圏の核地域と周縁/9 日本の餅の歴史と伝承/10 節供にみる餅/11 歳事と人生の餅 正月の餅はどこから来たのか?ハレの日の食物として日本人に特別の意味をもつ「もち」をめぐって、モチイネの栽培から食品加工、民俗、儀礼にわたってそのルーツを探り、アジア稲作文化の視点からこの特異な食文化の謎を解く。

本 人文・思想・社会 民俗 風俗・習慣

レビュー件数0
レビュー平均0.0
ショップ 楽天ブックス
税込価格 3,456円